太陽光発電設備の保守・点検 O&M事業サービス | NOHARA O&M

English

MENU

TOPICS

PV2019太陽光発電展示会&フォーラムにご来場いただきありがとうございました。

7月10日より12日までパシフィコ横浜に於いて開催いたしましたPV2019 太陽光発電展示会&フォーラムにご来場いただきまして誠にありがとうございました。
たくさんの方にご覧いただき、多くのお問い合わせをいただき今後の励みになりました。
ブース及び展示会会場内セミナーステージに足をお運びいただき皆様始め多くの方に支えられ、無事に日本太陽光メンテナンス協会の「雑草対策」及び「インドにおける太陽光発電設備の設置計画から売電事業までの事例紹介」を終える事ができました。
今後ともより精進いたし太陽光発電の主力電源、普及拡大を行いたいと思っております。
遅くなりましたが終了のご報告とお礼を申し上げます。

PV2019雑草ブース3

PV2019雑草ブース2

PV2019雑草ブース

7月11日(木)PV2019でインドにおける太陽光発電設備の設置・展開事例を講演します

弊社は一般社団法人太陽光発電の国際部会に所属しています。ご縁があり、PV2019 太陽光発電展示会&フォーラムにて、Nohara India がインド国でのPPA事業(Power Purchase Agreement)のご紹介をします。講演内容はチャレンジを続けたが数々の失敗を基に、インドに事業展開した事例とそのポイントになります。失敗事例や写真なども豊富に用意しておりますので、ご来場をお待ちしております。詳しくは以下の通りになります。

テーマ「インドにおける太陽光発電設備の設置・展開事例」
講師:弊社 再生エネルギープロジェクト室長 増田幹弘
日時:2019年7月11日(木)14:30~15:10 (予定)
※会場はパシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい) 展示会会場内セミナーステージです。 
 セミナー受講は無料/事前登録不要ですが、席数に限りがあります。

スマートジャパン 第11回(最終号)太陽光発電所の雑草対策が公開されました

ITメディア スマートジャパンにて好評連載中の「基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策」の第11回(最終号)が公開されましたので、ぜひご覧ください。

▼メディアの紹介:雑草で売電収益が圧迫された太陽光発電所、現場をどう改善したのか?
メディア名:電力・エネルギーの専門メディア – スマートジャパン – ITmedia

▼連載記事(第11回最終号)のご紹介 
テーマ:
公開日:2019年5月8日
<執筆者増田より読者の皆さまへ> 
日ごろ、お忙しいなか、1年以上の連載をご覧くださっている読者の皆さま、ご愛読いただきましてまことにありがとうございました。当初は半年の5~6回程度でしたが、これだけ反響があり、連載が続くとは思ってもみませんでした。ひとえに皆様のご声援だと思い、深く感謝しております。
今回の事例は雑草対策だけでなく、IT技術活用と長期事業継続をおこなう管理体制も含めた内容となっています。また、雑草対策については、草刈りと最小限度の農薬(除草剤)を使用した事例となっています。この事例は雑草対策の失敗を防ぐ「太陽光発電所版IPM」とは何か?で執筆した中の1つの事例です。発電所は様々なので、発電所に合った安全安心で経済合理性を実現した雑草対策の実行をお願いいたします。最後に私が雑草対策をおこなう目的は2つあります。1つめは年々増大する雑草対策費用をまず止めて、次に費用削減をおこない、点検及び経年劣化対策などの投資費用を捻出・増大するためです。2つめは全ての雑草が発電所の敵では無く、上手に付き合えば雑草が有益な味方になることを知ってもらい、今一度考えていただきたかったためです。私は草木が1本もない土地はは不自然で、エコではいと思っています。では皆様の発電所が主力電源として、国産電源になられることをご祈願いたします。

Copyright 2016 NOHARA CO., LTD. All Rights Reserved.