太陽光発電設備の保守・点検 O&M事業サービス | NOHARA O&M

English

MENU

TOPICS

スマートジャパン 第11回(最終号)太陽光発電所の雑草対策が公開されました

ITメディア スマートジャパンにて好評連載中の「基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策」の第11回(最終号)が公開されましたので、ぜひご覧ください。

▼メディアの紹介:雑草で売電収益が圧迫された太陽光発電所、現場をどう改善したのか?
メディア名:電力・エネルギーの専門メディア – スマートジャパン – ITmedia

▼連載記事(第11回最終号)のご紹介 
テーマ:
公開日:2019年5月8日
<執筆者増田より読者の皆さまへ> 
日ごろ、お忙しいなか、1年以上の連載をご覧くださっている読者の皆さま、ご愛読いただきましてまことにありがとうございました。当初は半年の5~6回程度でしたが、これだけ反響があり、連載が続くとは思ってもみませんでした。ひとえに皆様のご声援だと思い、深く感謝しております。
今回の事例は雑草対策だけでなく、IT技術活用と長期事業継続をおこなう管理体制も含めた内容となっています。また、雑草対策については、草刈りと最小限度の農薬(除草剤)を使用した事例となっています。この事例は雑草対策の失敗を防ぐ「太陽光発電所版IPM」とは何か?で執筆した中の1つの事例です。発電所は様々なので、発電所に合った安全安心で経済合理性を実現した雑草対策の実行をお願いいたします。最後に私が雑草対策をおこなう目的は2つあります。1つめは年々増大する雑草対策費用をまず止めて、次に費用削減をおこない、点検及び経年劣化対策などの投資費用を捻出・増大するためです。2つめは全ての雑草が発電所の敵では無く、上手に付き合えば雑草が有益な味方になることを知ってもらい、今一度考えていただきたかったためです。私は草木が1本もない土地はは不自然で、エコではいと思っています。では皆様の発電所が主力電源として、国産電源になられることをご祈願いたします。

Copyright 2016 NOHARA CO., LTD. All Rights Reserved.