NOHARA O&M | 太陽光発電のオペレーション・メンテナンス事業サービス

English

MENU

当社の強み

当社独自の強味

当社独自の資産管理システム

太陽光発電へ生産管理・資産管理という概念を導入することにより、新たなる付加価値と力強いバックアップを実現。
他社では得られない事業者のためシステムを提供します。


資産の管理資料としてのあるべき姿を実現
確かな安心と保障をあなたに。

設備は単純な記録だけでは資産になりえません。資産価値を損なわないためのあるべき姿を考え抜いて、独自開発を行いました。

不正改ざんや点検漏れの防止・業務の高効率化・写真データの時系列表示・永続的なデータ保障など、あらゆる面であなたの資産管理をお約束します。

保障の資料

クラウドサーバー

資料の保存性を保障
クラウドの最大の利点をあなたに。

クラウドサーバーを個別に契約する方式により、データを半永久的に残すことが可能です。

サーバーの契約を継続することによって、万が一の場合でも、確実かつ永久的に閲覧することが可能なのです。


不正改ざんをしない・させない・許さない
確実な管理の提供。

システムの構成上改ざんが不可能な構成にしました。

また、点検開始から終了まで全ての工程での確実な実施確認を行うため、点検にスマートフォンを用い、日時と場所と実際の作業写真を記録することによって、不正な点検・点検漏れ・点検忘れを防止することが可能です。

悪意の防止

現場監督

いつでも作業監督になれる安心感
現場管理者だけに任す不安を取り除きます。

クラウドにアップロードされている内容はリアルタイムに閲覧が可能。

実際の作業の状況を確認し、作業の進捗具合を確認することができます。


作業を減らすことによる
確実性の向上とコスト低減
コストと確実性の両立。

モバイル機器の活用とパソコンの使用を極力排除することによって、報告書類の人的依存を極力低減しました。

結果、業務量の低減を図ることができ、コストメリットも生まれます。

詳細を知る »
価格性能比向上

資産の正しい運用

資産としてのあるべき姿とは?

人工物は、経年劣化を避けることはできません。
そのため、資産価値を低下させない・経年劣化の速度を抑えるための保守・点検・整備が必要になります。

資産の価値を図る指標として、次のような内容が評価されます。

  • 資産として、定期的な点検を正しく実施しているか?
  • 資産として、適切な運用を正しく実施しているか?
  • 資産の維持を目的として、正しい保守・修繕が実施、及び、計画がされているか?
  • これらを合わせた総合的なバランスが、投資金額に見合う正しい状態にあるか?
  • 全ての記録が正しく保存され、トレーサビリティーが確保されているか?

これらの指標を全て満たすことができなければ、資産の価値としては低くならざるを得ません。
また、正しい保守・運用がされていない場合、対外的な補償問題が発生する可能性があります。

詳細を知る »

雑草を制御する

全国対応・緑化のプロが行う
雑草コントロール

パネルに掛かる草木は発電やメンテナンスの大きな阻害になります。
しかし、雨による土の流出を防ぐためには根をしっかり這わす必要があり、草を意図的に育成しなくてはなりません。
また、地表の乾燥を防ぐだけでなく、周辺の外気温度を上げないためにも、草木の育成は必須です。
そのため、草木の種類を意図的に選択し、育てながらも過度な育成を防止する高い技術が必要です。
草木の意図的な選択と抑制を行うには、最低限度次のことに配慮をしなくてはなりません。

  • 選択的に発芽・成長を抑制をできる方法を持っていること
  • 選択した草木を育成するための土質や、栄養分を正しく管理できること
  • 選択をしない草木に対しての意図的な排除方法を持ち合わせていること
  • 土壌を正しく管理できる微生物構造を管理できること

このため、意図的な草木を選択して成長を制御することは大変難しく、専門家によるアドバイスが欠かせません。

詳細を知る »

土木造成・電気のプロが行う
診断・予防・修理技術

自然界に晒されている建築物・構造物・電気工作物は、常に変化をしています。
モジュールやケーブルには常に化学的負荷が掛かり、架台やフェンス掛かる荷重は常に変化し続けます。
また、地球環境変化により、土地・土壌も変化をし続けるため、想定外のことが起こる可能性があります。
事前に以下の検討をすることをお勧めします。

  • 大雨などによる土砂の流出した
  • フェンスに雑草が絡み、風圧を受ける構造に変化した
  • 意図しない突風が吹き架台が破損した
  • 大雪が積雪して破損した
  • 草木を誤って枯らせてしまい、土砂が流出した
  • 工期・価格優先のため、基礎工事が正しく施工されていない
  • 酸性雨、周辺工場などにより、土壌が変化した

これらの事象に逐次対処するためには、定期的な監視体制と、正しい監視記録の保持と記録から傾向分析が必要です。

詳細を知る »
土木造成

寿命対策

O&M専業ならではの技術提案

意外と知られていないことですが、電気設備は常に劣化をし続けます。
また、設計に対する負荷が大きいほど急速な劣化をするのです。
設備が有限の寿命であるために、安定的な収入を得るには次のことに配慮をする必要があります。

  • 実際の負荷から寿命予測を行い、正しい整備・計画的な修繕を行うこと
  • 適切な投資計画を立てること
  • 過度な投資をしないこと

我々は大型設備のコンサルティング・マネージメント経験を生かし、設備を目標年数安定稼動させる技術提案を行えます。

詳細を知る »

Copyright (C) 2016 NOHARA.inc All Rights Reserved.